たっちレディオをポッドキャスト登録!

たっちレディオをポッドキャスト登録!
クリックするとiTunesが起動します

2012年11月11日日曜日

[第82回 少子高齢化問題を田っ智が考えてみた回]

[聴きどころ]
高齢化社会の話

今回は田代さんが最近気になるという少子高齢化社会について語ります。
問題山積みの日本の中でもテストで出会ったらまっさきに飛ばす部類ですが、
この二人、あえて挑戦してみました。
案の定、ふわふわしたまま進みますが、エンディング・テーマが聞こえてきたその時、
少子化と高齢化の2つを一筋の光明が見えてきます。
難問を飛ばして平均点を狙うなら、0点覚悟で伝説に挑む二人の答えとは?

必聴!
http://tacchi2.b45.coreserver.jp/082tacchiradio.mp3
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
はいどうも
デラさんです。

ちょっと前までは「朝まで生テレビ」ぐらいしかなかった社会問題を扱うディベート番組が、
TBSラジオ「Life954」 NHK「ニッポンのジレンマ」BSフジ「コンパス」とか
若手論客を迎えて、いろいろ盛り上がってますね。

いかにも頭の回転が早そうな人々がきちんとした内容で話すんで、
見る人も結構選んでいると思いますが、わりと追いかけてます。

こういう番組ならではの視聴者の「参加したい」欲求の高さって
視聴率じゃなくて視聴質的な意味でいろいろ実験しがいがあると思ってます。

で、これらの番組としてはいまどき珍しい共通点があって、
それが「芸人」不在。

こういう番組のおもしろポイントって、
視聴者が予期してなかった「切り口の斬新さ」だと思うんですが、
言葉が難しかったり「わかりやすさ」の優先度はあんまり高くないです。
「おもしろ」が分かる人だけに伝わればいいか、みたいな。
なんで、普通は置きがちな「視聴者目線」の出演者がいない。

この方向は正しいと思ってて、視聴質が下がるんですね、番組内に「視聴者」がいると。
(結局、視聴者目線ってつまり視聴者のボトムに合わせるんで)

でも、僕みたいなテレビのお笑い至上主義とともに生きてきた人間にとって、
「切り口の斬新さ」だけだとやっぱり物足りなさも感じてて、
「表現力」で笑いをとれる出演者が欲しいところ。
発想力に強い芸人が社会問題にも対応してくるともっとおもろいんだけどなぁ、
と、今回のPodcastの結論部分にそれなりの手応えを感じたので考えてみました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 投稿コーナーが4つになりました。お便りお待ちしています。
世の中の不条理に田っ智がクールにメスを入れる「アンジェリーナ・不条理」。
自分にしかわからないだろう、イイネをシェアしたい! 「キュンとしてブー」
専門用語を二人に教えよう「田っ智ディクショナリー」
もしも願いが叶うなら、これ諦めます「お願いギブ・アンド・テイク」
二人を名パーソナリティに育てるのは、みなさまのお便りです。
どしどし隣のフォームかメールかTwitterでお便りください。
tacchiradio@gmail.com またはtwitterで @tacchiradio まで