たっちレディオをポッドキャスト登録!

たっちレディオをポッドキャスト登録!
クリックするとiTunesが起動します

2013年9月1日日曜日

[第125回 わがままで爆笑することを伝えるの回]




[聴きどころ]
今回は、リスナーからのお便りから話を広げてです。
・他人へのお願いとわがままの境界線
・最近、腹抱えて笑ったことありますか?
・日本と海外の広告の比較から、「コード」「無意識」を考える
の3本です。
必聴!
http://tacchi2.b45.coreserver.jp/125tacchiradio.mp3
ーーーーー
はいどうも。デラさんです
なんだかもう9月ですね。


広告と階層の話をしてますが、
広告に記号(コード)を仕込んどいて
それを読み解けるかどうかという意味で、
客をフィルタリングするために使うっていうのって、
確かに階層の文化や教養によって、読めるかどうかがわかれるんで、
文化格差が問題だ、といわれることも確かにありますね。

この「クリエイター側が作品になんか仕込む」っていう話を聞くといつも連想するのが、

The Chemical Brothers - Star Guitarです
ミシェル・ゴンドリーのやつですね。

見知らぬ外国の車窓風景なんて情報的にはもうゼロに近いんですが、
なんでこれがテクノ音楽のPVになるのか、
ってことじゃないですか。

逆に出演者の顔って、完全に情報100なものでも、
クライアントにはわかるまい、みたいな仕込みって
やろうと思えば演出できると思います。

ってか、広告よりは縛りはマシかもしれませんが、
テレビもそれぐらいしか楽しみない仕事だっていっぱいあります。

というわけで、今回は参加してませんが、
僕もこの問題に関しては
分かる人にだけわかればいい、ってのと、広くわかってもらう、
は両立すると思います。
ーーーーー
日頃感じている閉塞感とかお二人に相談したいお悩み、話してほしいことは、
隣のフォームかメールかTwitterで随時募集してます。

tacchiradio@gmail.com またはtwitterで @tacchiradio まで