たっちレディオをポッドキャスト登録!

たっちレディオをポッドキャスト登録!
クリックするとiTunesが起動します

2013年9月15日日曜日

[第127回 孤独の○○の回]




[聴きどころ]
今回は、[第124回 リア充と非リアの間の回]で募集した
一人でやるかたくさんでやるかで集まったいろんな事例を紹介しています。
例えば、【勉強】。例えば、【登下校】。
どっちですかねぇー。
必聴!
http://tacchi2.b45.coreserver.jp/127tacchiradio.mp3
ーーーーー
はいどうも。デラさんです。
これがアップされたころにはモンハン4が出てますねぇ。
一人でやってもいまいちハマれなかったんですが、
複数でやってドハマりしました。
失ったものの大きさを考えると、発売日が怖いです。

ところで、今回、田淵くんが口にした
「田っ智レディオ的に言えば『一人での登下校』を肯定してあげたい」。

もともとこのポッドキャストは『閉塞感』を打破することを志してきましたが、
この『閉塞感』を生み出す何かが見えてきたような気がします。
「同調圧力」は結構大きいキーワードですかね。

一方で、その打破の方法としてでたのが「トイレにこもる。先行しない」。

セコさ半端ない。オオセコ、ハンパない。
『打破』という爽快な響きとはギャップはあるものの、
これはこれで、「工夫」とか「ライフハック」とか、
自分好みの環境を効率よく作ろうという『仕組み』ではあると思います。

重要なのは、精神論に終わらないで『仕組み』に昇華する、ということ。

もちろん、なんかしらの閉塞感とぶつかった時にじゃあ『仕組み』にして乗り切ろう、
という「じゃあ」の部分に、 精神的にポジティブさは必要で、
これが持ち得ないこともある場合もあるかもしれません。

でも、その部分さえあれば、個人に最適化した『仕組み』作りをすればいい。
で、この場合、
それがコストパフォーマンス的に「トイレにこもること」 かもしれないし、
未来への投資的な「思い出づくり」と考えることかもしれない。


幸い、『仕組み』の作り方に関しては、方法論がかなり確立されてます。
「仕組み 作り方」でぐぐってみてください。

で、「じゃあ」の気持ちがない人はどうしたらいいんじゃ、
という問いに関しては、それこそこの田っ智レディオを聞いたら、
ああこの人達はいろんなことをポジティブに捉えて楽しそうだなぁ、
ってことを感じられると思うんですが、どうでしょうか。









ーーーーー
日頃感じている閉塞感とかお二人に相談したいお悩み、話してほしいことは、
隣のフォームかメールかTwitterで随時募集してます。

tacchiradio@gmail.com またはtwitterで @tacchiradio まで