たっちレディオをポッドキャスト登録!

たっちレディオをポッドキャスト登録!
クリックするとiTunesが起動します

2017年7月29日土曜日

第329回 クリエーターのジレンマ後編の回

クリエーターのジレンマを語る回の後編です。
Twitterでエゴサーチしてますが、
めっちゃ面白いの声多数!続きです。
エンジンが温まってきました(電気自動車になったらなくなる表現)
・量と質問題
・消費されること
・ポップと時代性
をがっつり深めます。

先週聞いてない人は聞いてから

第328回クリエーターのジレンマの前半を聴くときはここをクリック!


必聴!!
第329回を聴くときはここをクリック!


<聞きどころ>

「ポップ=みんなの文化」が成立しない/それっていいの?悪いの?
全部のジャンルの1位だけを見てる人こそ「大衆」/出るものだと思っている/
現代のコアユーザー=全フェス出演者の代表曲知ってる人/
深読みする人が増えてる?/アーティストが裏切り続ける/
ファンはアーティストを信仰してない/永遠であれと信じているが
世のクリエーターはどれくらいマーケティングするの?/
実はアングラでは生活できている人多い/
本当に量を追い求める意味ある?を言えるのが音楽業界/
量か質か、どっちを取れなくなる/常に万人が受けるもの/
誰かに好かれると誰かに嫌われる/クリエーターは個性/
エレベーターミュージック/買わなくても聞ける/
質と量 両方を追える?/短期か長期かによる/才能削る/
人類史にないのでは?/シン・ゴジラ/ユーザーの興味が持続しない/
質をキープしても絶対に量は下がる/人気あるから嫌い/
SF→SF→恋愛/質を求めるなら「注目しないこと」が正解?/
大人になると、純粋な試行錯誤がしにくい/青田買いの業界構造/
サラリーマンの理屈と職人の気質/注目に気をつけろ
日本人特有の終身雇用制をクリエーターに当てはめるな/
誰でもクリエーターなのに/「ハイ落ち目」ウルセェ/
あの人は今ひもじい/人のこととばっかり気にしすぎ/
メインストリームに立てない時も考えてるよ/
たった1本の物差しで測ることがおかしい/
言葉にしないと伝わられない、言葉で伝えるなんて幻想/
諦めてる/ジレンマですらない/言葉で伝えられないから音楽やってる/
道具だから目的がある ポップの目的は?/田代 救うこと/
現代アーティストと(商業)クリエーターは分けるのも古い/
ダリとマグリット/顔を知ってるかどうか関係ない/
過激・極端なものは共感されにくい時代/過激さがダサい/
尖ってないものが残るのか?/売れたものが残るわけじゃないじゃん/
70年代ヒッピームーブメントしかなかった時代じゃない/
世代を美化するような昔話/ビートルズ/
ポップは弾けて終わり/サイレントマジョリティーのものは残らない/
結論出る話じゃない/という結論/もうちょっと考えてみたいがゴール/
一曲使いましょう/



ニッポンのジレンマ Eテレ 7/29(土) 24:25〜 O.A.!
たっちで話したあの話題、この話題をどう扱ったのか。

たっちレディオの片鱗はどこかに仕込めたのか?
こちらも見てねー

<次回予告>

anello、Suchmos、、次は何?という素朴な流行論!
収録日全然違うのに、違う角度でポップをさらに深堀り!

<レディオからのお知らせ>


素晴らしい出会いで実現した
Q-MHzプロデュースはこの後続々!



現時点で唯一の公式販売物、なんてこったリンゴ好評発売中!


<編集後記>
はいどうもデラさんです。
いかがでしたか。
ジレンマのそもそもの企画の発端は、こちらの本でした。



アメリカのポップカルチャーといえば、売上的にもラップ一択!

ラップはメッセージ性強いジャンルだよね。

ラップのメッセージって反権力だよね。

トランプ勝利

あれー? ←イマココ

さてどこが間違ってるでしょうか。
もちろん日本語ラップブームも抑えてます。

今回の話面白かった人はぜひ読んで感想を送ってください!
紹介できるかどうかはわかりません!